冷水と温水に対応できるか

飲料水を飲むための専用のアイテムとしてウォーターサーバーが知られています。実は飲料水を飲むための専用アイテムは以前からあり、学校や公共機関などでも設置されていました。手でボタンを押したり足でレバーを踏んだりすると水が下から上に出て来るので、出てきた水を口で直接捉えて飲む仕組みです。このタイプのサーバーではボタンは一つしかなく水は冷水しか出てきません。今家庭やオフィスなどで普及しているウォーターサーバーと言えば、冷水以外に温水が利用できるので大きな違いと言えるでしょう。冷水は冷やす必要があり温水は温めなければならないので、それを一つの機械で行うのは難しいのかもしれません。今のウォーターサーバーはそれが可能なように作られています。

水の種類が選べるかどうか

学校や公共施設などによく置かれている飲料水専用のサーバーがあり利用した人もいるはずです。水道水よりも冷たい水が出てきますし、いろいろな用途で使われる水道の水に比べると安心して使えます。一方家庭などで利用が広まっているウォーターサーバーも冷たい水が飲める点では同じですが、決定的な違いがあります。学校などに置かれているサーバーは水道に直接つながっているので出てくる水は水道水です。冷たいので味が気にならないかもしれませんが、少し消毒液の臭いを感じるでしょう。一方家庭で使うウォーターサーバーは水道水を直接つなぐのではなく、ミネラルウォーターやRO水を使います。水道水に比べると美味しく飲めますし、健康の面でも勝っているでしょう。

水宅配は面倒な買い物の手間を減らせるのがメリットですが、業者によっては配送料などの出費が掛かります。業者を決める時は、配送料の負担を減らせるかどうかを注視することが重要です。