デザインに優れている

見た目がウォーターサーバーとは思えないデザインになっています。例えば、丸みを帯びて円柱の形状をしていたり、角が丸まっていてやさしいデザインとなっているのです。カラーも白だけではなく赤や黒といったバリエーションが豊富で、しかも光沢がついています。中には木目調のものもあるのです。また、水のボトルもあからさまに見えるのではなく、搭載した時に隠れて見えなくなっている設計やウォーターサーバーと一体となって目立たないデザインもあります。暗い部屋ではLEDランプでウォーターサーバーの場所を明確にしてくれたり、スイッチが分かりやすくしてくれるものとなっています。各社いろいろなデザインで出しているので、部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことが重要です。

いろいろな制御機能が優れている

まずはじめに従来とは違って温水と冷水の機能からアップしています。段階的に調整することができるので用途によって使い分けることが可能です。例えば、ホットコーヒーや赤ちゃんのミルクや白湯などのシーンに対してフレキシブルに適用できます。省エネにも優れており使わないときは保温機能が働いて電力を使わない設計となっています。次に、子供がいたずらに操作して水をたれ流したり、やけどをしないようにチャイルドロック機能がついています。最後に、衛生面も優れており、細菌が増殖しないようにクリーニング機能が充実して定期的なメンテナンスの頻度も下がっています。各社機能の種類が異なるため、予算に応じた危機を選ぶことが重要です。

水のサーバーは、オフィス内や商業施設だけでなく、水に含まれる成分や味覚などにこだわりがある消費者の間でも普及しています。